タクシー会社に勤める|寮がある会社をチョイス

  1. ホーム
  2. ドライバーとして働く

ドライバーとして働く

トラックと地図

なぜあまり人気が出ないのか

昔は家に1台車があるかどうかでした。しかし最近では1人1台が当たり前の時代になりつつあります。そうなるとタクシーの利用頻度は減少し今では主に飲んだ後のサラリーマンを家まで送ることか、病院への往復が主な仕事になってきています。タクシードライバー以外のドライバーとして配送業者がありますが、こちらも長期労働になることや深夜に仕事をするため、求人を出してもなかなか人が来ない状況です。求人を出しても来ない理由はほかにもあり、給料が安いことです。価格競争で売り上げが伸び悩む一方円安でガソリン代が思いのほか恩恵を受けていないことなどがあります。ドライバー求人は定年退職した方でも応募できる場合あり、第2の人生として選択される方もいます。

車離れしている今、またチャンス到来

若者の車離れが問題視されています。車がなくても交通の便がよく、車を持つことによる車税や、保険代などかなりの費用がかかるため持たない方が増えてきています。高齢化社会になり高齢者の車による事故も多いため、国としては対策を立てているところです。ということは高齢者の病院、あるいはちょっとたくさん買い物したためタクシーに乗る方が増えるかもしれません。またなんでもネットで購入できる時代、近くの店よりネットショップのほうが安く、種類も多いこともあります。そうなると配送ドライバーの求人も今以上に増える可能性があります。第2の人生として仕事をしたい方が増える一方需要も上がる見込みがあるため、今後もっと身近な存在になる可能性は高いです。